車下取り メリット デメリット

車下取りのメリットとデメリット

車を新しく買い替える時、手放す車をディーラーに下取りしてもらう方法があります。
下取りは、特にそのディーラーから車を買って、次の車も同じディーラーで買う時はかなり勉強をしてくれる材料になります。さらに手放す車の整備や点検などもお願いいていた場合などは、その車の状態をきちんと把握していますし、信頼できる車として扱ってくれるので下取り額が高くなることもあります。

 

そして次に買う車がディーラーがこれから販売台数を増やしたい車だったり、高級車だったりすると、とても頑張ってくれる傾向があるようです。そういった部分が下取りのメリットだと言えるでしょう。しかし、下取りにはデメリットもあります。

 

下取りは次に買う車の代金の一部に組み込まれるわけですが、明細などを見ずに契約を進めてしまうと、下取ってもらった車の価値がとても低く設定され、他の割引などと混同している場合があるのです。
口頭の確認だけではなく、いくらで下取りしてもらえたかを明細できちんと確認することが大切です。また、中古車の市場に流れると言う部分では、買取業者と車の入手方法が違うだけです。車の適正な売却額を知るためにも買取業者の査定を受けるのも賢明な判断かもしれません。