事故車の下取りについて

事故車の下取りについて

事故車と言っても、ちょっとぶつけてボディが若干凹んでしまった場合や、キズなどがあっても事故車には当てはまりません。

 

車の骨組みとなるような重要なパーツが衝撃を受けたことで破損や変形しているものを事故車としているのです。こういった事故車は日本の中古車市場ではまず出回ることがありません。下取りといっても、実際には下取りの後に整備点検・修理などが行われ中古車市場に出ていくわけですので、下取りをしたところでディーラーにとっては儲けにはつながらないと言うのが現実です。

 

車の部品として流通にのれば少しのお金にはなりますが、リサイクル料や手数料などとして相殺されることが多いでしょう。下取りをしてもらう側としては、それでも自分で手続きをする必要がなく、手間が省けるので利用する人も多いようですね。しかし、事故車であっても海外で人気の車種などとなると、実は高い値段で買い取りを行っている業者もあります。

 

車種や車の状態によっては断られることもありますが、値段が付けば新しい車の購入代金の足しになりますよね。車だってあっさり廃車にされてしまうよりは、活路を見出してくれた方が嬉しいと思います。たとえ事故車であっても、そういった道があることを覚えておいてくださいね。