新車の値引きと下取りの関係

新車の値引きと下取りの関係

新車の値引きと下取りの関係について説明していきます。
新車購入の時に下取りに出すと、より多く値引きしてくれる場合があります。とても良いことのように思えますが、実はこれはディーラーのセールスマンの罠なのです。下取り金額と新車の値引価格をどんぶり勘定にして、他のディーラーや中古車買取業者との価格の差を比較できないようにしているのです。新書の見積書を見て、サービスオプション品、出精値引き、出精値引き込みの下取り査定価格などが書かれているのが解りますか?

 

つまり、新車の値引き価格と下取りの価格をそれぞれ提示してくれません。なので、他ディーラーや買取業者との比較ができず、損をしてしまう可能性があります。新車の値引きと下取りの関係を知っておかないと、次のケースで損をしてしまいます。例えば、新車本体の値引価格が予想より10万円多くて、しかも下取価格も本来は40万円のところ50万円で下取りするとディーラーに言われました。その場合20万円も得をしたように感じますよね?しかしここで交渉のプロであるディーラー側にサバを読まれていたらどうでしょうか?値引価格10万円は確かとしても、下取価格は本体60万円の価値があるはずなのに、50万円と騙されています。

 

そうなると結局、値引きと下取りでプラスマイナスでゼロにしかなりません。騙されないためにも、新車の値引きと下取りの関係についてしっかりと理解しておく必要があります。