車の下取りをキャンセルする 

車の下取りをキャンセルする 

車の下取りが決まった後にキャンセルを行う事は可能です。
一般的に売買契約は買取価格に双方が両方を得て契約書にサインをすると契約成立となります。この後にキャンセルを行うことも出来るのです。キャンセルは大きく分けて2パターンありますが、新車購入と下取りを両方キャンセルする場合も新車購入のみで下取りのみキャンセルする場合も承ってくれるでしょう。

 

しかし新車購入のみの場合はキャンセルをするまでに車庫証明申請の費用などが発生する可能性もあるので損害賠償を請求されてしまう可能性があります。他にも新車購入の際に値下がりが無くなってしまう可能性もあるでしょう。

 

車買取は早く決めた方が高い金額で売る事が出来ますが良く考えてから売買を決める様にしましょう。もしかしたら他社の方が高い金額で買い取ってもらえる可能性もありますし車を売買できなくなってしまう可能性もあります。キャンセルをする事は出来ますがキャンセルをする事で損害が発生してしまう可能性もあるのです。出来るだけキャンセルをしないようにしながら契約を結びましょう。