ディーラー 下取り

ディーラーでの下取りとは?

下取りは皆さんは普通は、ディーラーで行う事になっています。新車の購入と一緒に行うのが下取りなのです。
その自分の購入したい新車を取り扱っているディーラーで下取りすることになるでしょう。

 

そもそも、新車の購入を一緒にせずただ、売却したいのでしたらディーラーに依頼せずに買取業者に依頼すればいいのです。
ディーラーでの下取りのメリットとしては、ディーラーが扱っているメーカー車ならしっかりと評価してくれるという点ではないでしょうか。
やはり、自分たちの取り扱っているメーカーならどの自動車が人気があるのかくらいは把握しているものです。

 

また、一緒に新車の購入ができると言うのもディーラーでの下取りのメリットでしょう。
一気に、新車の購入までできるのですから、明日にでも新しい自動車が必要であるとい方には下取りは迅速な取引手段として便利です。
ただし、下取りとなりますとディーラーは下取りした自動車を他の業者にお金を支払って処分することになりますので、中間マージンが発生してしまいそれが下取り価格にも影響が出てしまう可能性があります。
下取りは取引手段としては迅速で有効ですが、高く売るという観点から見ると微妙な取引なのです。