車下取りのメリットとデメリット

車下取りのメリットとデメリット

車下取りのメリットとデメリットがあります。
これを十分理解した上で、車を手放す方法を決めた方が良いでしょう。メリットの一つは、新車購入と車の売却が同時にできます。
販売店であるディーラーで、売却手続きも購入手続きも済ませることが出来るので、手間が省けることがメリットです。売却に必要な名義変更の手続きなどもディーラーが代行してくれますし、面倒な書類の手続きが一番少なくて済む方法なのです。

 

手続きの手間が省けるのと同時に、店舗に行く回数も最低限で済ますことが出来ます。さらに、車種が不人気で買取金額がつかないような車でも、同じメーカーなら高値で下取りしてもらえる場合があります。中古車買取業者の査定額が思うような価格が出なかった場合は、下取りなら一定の価格で売れることがあるのです。

 

デメリットは、ディーラーが中古車専門でないことです。中古車の処分を他業者へ依頼するので、コストがかかってしまい、その分下取り金額が減ってしまいがちになります。下取りと買取の金額を比較すると、10万〜20万円程度の大きな差も出たりする場合があります。または、そのようなコストや書類の手続き分で手数料が取られてしまうこともあります。下取りは手間が省けますが、その分金銭面でデメリットが発生しやすいのです。