ローンが残っている時の中古車査定

ローンが残っている時の中古車査定

愛車を買ったはいいけれど、転勤や結婚で手放さなければならなくなってしまった場合、中古車査定は可能なのでしょうか。
結果から言うと、ローンが残っていても中古車を売却することはできます。厳密に言えば、車を手放す時はローンやクレジットを完済し、所有権を自分名義に変更しなくてはなりません。
しかし実際には、ローンが残っていても、ほとんどのケースで車を売却することができます。その理由は、査定の結果、決まった売却額からローンの残債を一括返済するという形を買取店がとってくれるからです。そして売却主の手元には残債額を差し引いた金額が支払われることになります。もし査定額よりも残債額の方が上回ってしまった場合は、不足分を買取店へ現金で支払うのが一般的です。

 

買取店によっては、不足分をローンを組んで支払うこともできるようです。また、車を売却したお店でそのまま次の車を買う下取りの形を取る場合、不足分を次の車の代金に上乗せしてローンを組むことができます。買取店はさまざまな形で車を売りたいあなたの力になってくれますので、遠慮なく相談してみることをおすすめします。