車 下取り 買取

車の下取りと買取の違いについて

車を買い換える、または手放そうと思った時、車は下取りに出すか買取をしてもらうか2つの方法があります。

 

何が違うのか、車の下取りと買取の違いについて説明します。まずは下取りとは、車を買い換える時に、今乗っている車を販売店に引き取ってもらう方法ですが、それを言い換えれば、新しい車と引き換えに今乗っている車を買取るということです。
そして買取ってもらう価格の分だけ、新しい車の購入金額から差し引いてもらいます。つまり車の金額は新車購入の資金にしか使えず、しかも下取りに出した店舗でしか使えないということです。

 

一方買取りとは、中古車の買取専門業者に今乗っている車を査定してもらい、現金で買取ってもらう方法です。手に入れた現金は新車を購入しようと思えば、買取りしてもらった現金を購入資金にすればいいですし、他のことに使ったり、自由にすることができます。

 

下取りも買取りも一見同じように思えますが、車の買い換えをしようと思う場合は、今乗っている車を出来るだけ少しでも高く買ってもらいたいですよね。なので下取りと買取ではどちらにした方がお得になるのか、よく考えて判断しましょう。車の条件や需要によって下取りと買取の価格は異なります。少しでも高く売りたいのなら、両方の査定額を出してもらい検討し判断するのが一番良い方法でしょう。