自動車の下取りに必要な印鑑証明

自動車の下取りに必要な印鑑証明

自動車の買い替え時にはディーラーの下取りを利用する人は多いと思います。
手続きなどもすべてディーラーで代行をしてくれるためにとても便利ですよね。しかし、ディーラーで下取りをしてもらう時には印鑑証明が必要になることがあります。この印鑑証明は発行日より3ヶ月以内のものが有効になっています。

 

では、どうして印鑑証明が必要なのでしょうか。印鑑証明というのは、実印を捺印することがあるシーンでは必ず必要になる証明書になります。その実印が確かにその人が登録している印鑑なのかを証明する書類ですので、実印が必要である時には必ず印鑑証明も必要になります。印鑑証明は場合によって2通必要になるケースがあります。

 

これは一通は自動車の名義変更に使用するためで、もう一通は自動車税の還付に必要になる場合です。中には3通必要になるというケースがありますが、その時には自賠責保険の解約用になるようです。下取の場合、自動車税の還付金はディーラー側で収納することが多いため、印鑑証明書が2通いるという事があるようです。もし気になるようでしたあディーラーになぜ2通が必要なのかを確認してみると良いようです。