自動車の下取りと名義変更

自動車の下取りと名義変更

新車を購入するときには良く新車販売ディーラーで今のっている車を下取りに出すという事が行われます。
この時、車の名義を変更しなければならなくなるため、ディーラー側ではその費用として下取車手続手数料などの費用を徴収することがあります。しかし、この下取車手続手数料には不明な点も多々あると言われています。

 

基本的に手続き費用などはどちらが持つものなのか分かり難いものですよね。車買取店などに売却をした時には通常であれば買取店がその費用を負担することになります。下取車手続手数料などを徴収されることはあり得ません。

 

名義を変更するという費用を折半で持つという事を考えたとしても、ディーラーが提示してくる費用は折半で支払うものよりはかなり高いことも多いようです。これは実際に発生する費用以外に、代書費用や手続きに要する人件費なども加味されているようです。

 

実際そこまで費用をユーザーが負担しなければならないのかは分かり難いところで、たびたびトラブルが発生しやすいのがこの下取に関係する名義変更の費用だとも言われています。