車査定価格を上げるコツは、車を少しでも良く魅せる努力をすることです

車査定価格を上げるコツは、車を少しでも良く魅せる努力をすることです

車査定価格を上げるコツは、車を少しでも良く魅せる努力をすることです。つけてしまった傷や事故の後は自力で直すことはできませんが、それでえ掃除をしたり、臭いを消したりすることで、査定する人に与える印象はよくなるのです。査定価格を決める上でのチェックポイントは決められています。
その項目によって査定価格は決まっています。しかし、そこに査定をする人の感情も入ってくるのです。ここが重要なのです。査定する人も、人間なので、個人的な好き嫌いが入ってくるのです。つまり、査定する人に気に入られるような振る舞いをすれば、それだけで査定額は上がるということです。
そのためには、事前に車をピカピカに磨き、車内も綺麗に掃除し、臭いも無くしておくことがベストなのです。特にタバコの匂いは厳禁なので、徹底的に臭いを消し去る努力をしましょう。それくらいなら、誰だって努力をすればできるのです。あなたが査定する人の気持ちになってみれば分かるはずです。
例えば、忙しい中、無料で出張査定にやってきたのに、ホコリと泥だらけの汚い車で、車内もゴミだらけで、悪臭が漂っている・・・。このような車に高い査定価格をつけてあげたい!なんて思う人は1人もいないはずです。査定する人の気が短い場合は、怒りすら感じさせてしまうことでしょう。

 

そうなれば、当然、査定価格は最低のものとなってしまうのです。逆に、古くてボロボロの車でも、ピカピカに磨かれていて、車内も掃除されていて、良い香りがしたら、ちょっとでも高い査定価格をつけてあげたい!と思うのです。これが人間の感情なのです。

 

私も車を売る前は、丸1日かけて、車を徹底的に掃除し、磨いて、臭いも無くす努力をしました。そうすることで、相場よりも20万円も高く愛車を売ることができたのです。やはり、売り手が努力した分は、査定をする人だってちゃんと評価のポイントとして認めてくれるのです。