自動車のパンク修理の新たなトレンドについて

自動車のパンク修理の新たなトレンドについて

車のタイヤがパンクしてしまった、そうなったときこれまでの主流といえば、スペアタイヤに交換をすることでした。スペアタイヤは後部に隠れていることが多く、ジャッキなどもセットになっております。
しかし、いざパンクということになったとして、タイヤ交換が出来る人はどのくらいいるでしょうか。教習所でやり方は教わったが、実際にやったことがないという人も多いのではないでしょうか。
特に、女性の方にその傾向が多いですね。
寒い地域の方は、シーズンごとにノーマルタイヤとスタッドレスタイヤを履き替えますので、そのときタイヤ交換を実践します。
しかし、そうでない地域の方は一年中ノーマルタイヤですので、タイヤ交換をする機会がありません。

 

そんな人のため、最近ではスエアタイヤを積んでいない自動車も増えております。ではパンクになったときにはどうするのかというと、修理剤というのを使用します。
自転車がパンクしたとき、バルブの部分からスプレーみたいのを注入しているのを見たことがありませんか。あれがパンク修理剤で、あれを行うことによって、パンクの部分を埋めているのです。
自動車のパンク修理剤も、基本的には同じようなつくりです。ただし、あまり大きなパンクには使えないので注意しましょう。