タイヤのパンクにはスペアタイヤをはこう

タイヤのパンクにはスペアタイヤをはこう

車には4つのタイヤがついております。
その4つのタイヤのうち、1つでもパンクをしてしまったら、車の走行性能は著しく低下してしまいます。

 

パンクの原因は様々あります。
縁石に乗り上げ、その後着地したときのショックでパンクするといった例もあります。また、ガラスや釘を踏んでしまい、それでパンクしてしまうということも。特にタイヤというのは、横からの衝撃に弱いので、縁石へのヒットなどは特に注意です。
そして、タイヤの劣化によるパンクというのもあります。

 

パンクをしてしまった場合、もっともメジャーな方法といえば、スペアタイヤに交換をするという方法です。 スペアタイヤは、車の後部座席、あるいは荷台の部分に隠れておいてあることが多いです。
また、軽自動車の場合には荷台の底の部分に、一部RV車には後ろについていることもありますね。 一般的な自動車の場合、その近くにジャッキなどの工具がセットになっている場合が多いです。
これらを取り出して、タイヤ交換をするのです。

 

ただし、スペアタイヤで走行できる距離というのは、あまり長くはありません。そもそも、普通のタイヤよりサイズが小さいので、車のバランスは崩れております。早い段階でカー用品店等に駆け込んで新品のタイヤに交換することをおすすめします。