自動車を売る時にはきれいにしておく

自動車を売る時にはきれいにしておく

自動車を売る時にはきれいにしておくことが大切です。
自動車を売る時に、汚れた状態のまま、自動車の買取査定に行く方もいるようですが、汚れた状態で自動車を査定に出すと、査定スタッフへの印象が悪くなってしまいます。

 

自分がもし査定スタッフだったとして、汚れた状態の自動車が査定に来た場合、どう思うでしょうか?
やはりあまり良い印象は受けないですよね。
ただ汚れているだけで、自動車のコンディションも疑われてしまいます。
それは、自動車の汚れを見て、自動車を大切に扱っていなかったのではないかと思われるからです。
このような先入観を持たれないためにも、自動車を売る時にはきれいにしておくことが大切なのです。
自動車を売る時には買った時の状態に戻しておくようにしましょう。

 

自分で取り付けたパーツやアクセサリー、ステッカーなどはすべて取り除き、トランクの荷物もすべて降ろして、洗車をしてきれいにしておきましょう。
洗車の際は、車内のニオイにも気をつけましょう。
タバコやペットのニオイは、査定にマイナスとなってしまいます。
消臭剤や脱臭剤を利用して、ニオイ対策をしっかりとしておきましょう。
外装はワックスをかけて、車内は掃除機をかけて、できるだけきれいにしておきましょう。