車庫証明取得の流れとは

車庫証明取得の流れとは

自動車を購入したとき、どこにでも駐車してもよいというわけではありません。
自動車を購入する際には、車庫証明というのが必要となります。
一部自治体では、軽自動車の車庫証明に関しては免除されているようですが、普通車に関しては車庫証明は必須となっております。

 

そんな車庫証明ですが、一体どのように行えばいいのでしょうか。
車庫証明を行うためには、書類が必要となります。
まずは、地図を描かなければなりません。
駐車をする場所が、果たしてどこにあるのかが分かる地図を添付するのです。
これは、最近普及しているインターネットのマップでも構いません。

 

自宅近くに駐車するスペースがないという人は、駐車場を少しはなれたところに借りているという方もいるでしょう。
もちろんそれでも構わないのですが、自宅から2キロメートル以上離れた駐車場ですと、車庫証明を取得することはできません。
これ以外にも、駐車場の見取り図みたいなものを描かなければなりません。
駐車場に面している道路の幅は何メートルか、駐車場の広さはどのくらいかというのを描かなければなりません。
それを描いたら、警察署にそれらの書類を提出します。
2500円程度支払って、3日から1週間ほどで車庫証明のステッカーが交付されます。