車の買取と下取りの違いについて

車の買取と下取りの違いについて

車の買取と下取りの違いは、まず買取というのは、中古車買取専門の業者に車を査定してもらい、買取りをしてもらう行為を指します。
下取りは、新車を購入する際、今乗っている愛車をディーラーに引き取ってもらって、買取価格の分だけ新車の購入金額から差し引いてもらうことを指します。買取の場合、社外パーツの査定額が評価されやすいメリットがあり、下取りよりも査定額の判断がつきやすいです。

 

オークションの相場価格を基準にして、プロが丁寧に査定する項目をチェックするので、高額査定になりやすい傾向があります。また、オンラインの買取査定を依頼すれば、見積もり競争が起こって査 定価格の吊り上げが自動的に起こりやすいメリットもあります。

 

下取りのメリットは、買値が全く付かないような車でも引き取ってくれるところです。また、新車購入の際、最終値引き交渉の材料として活用しやすく、古い車種や人気の無い車でも一定の値段をつけてくれることが多いです。買取の場合、年式や走行距離が多すぎた際、買値が付かない場合があり、下取りの場合、市場価格より低く見積もられるケースが多いというデメリットがあります。