業者用オークションは結構使える

業者用オークションは結構使える

40代男性です。
先日中古車を購入しました。
これまで乗っていたBHレガシィが走行10万キロに近づいてきたのと、ラジエタリザーバタンクとラジエターを結ぶあたりから水漏れし、修理にそれなりの費用がかかることが判明したことが引き金でした。
次の車を購入するにあたり、主治医であり修理工場を営んでいる友人に相談しました。

 

その修理工場ではこれまでは修理専門でしたが、新たな販促手段として中古車の販売も行うことにし、その第1号顧客となってくれ、とのことでした。
中古車の検索は一般ユーザーがネット上でよく目にするサービスではなく、それらの業者が中古車を購入する際に使用しているオークションで友人と一緒に行いました。

 

私達消費者が一般的に目にする価格ではなく、それよりもはるかに低価格でオークション物件が並んでいます。
もちろん、乗り出しに必要な費用は上乗せする必要がありますが、プロが見てその中から選定し、さらにはその整備を一括して行うことができます。
こちらは予め必要な情報(車種、タイプ、色、走行距離、その他重視したい部分等)を伝え、それに該当しそうな車を検索します。
今回の件で一番重視した点はその価格です。
ヤフオクなどのオークションでは、入札後ある程度時間がありますので、その間に長考することが可能ですが、このオークションの場合1つの物件に対し使われる入札時間はわずか数秒です。
そのため、購入希望価格をある程度決めておかないと、考えている間にハンマーがおりてしまいます。
私の場合も、ここが一番の肝でした。

 

長くなってしまいましたが、今回最終的な乗り出し価格はネット上で同車種(同じような状態のもの)の乗り出し価格の60%程度に抑えることができ、実際に納車されたものは予想を上回る良好状態でした。

 

街中やネット上でも、『希望の車を見つけます!』という広告が増えてきました。
そのようなものを活用するともっとお手頃価格で車を手に入れることができますよ。