車 下取り 傷

車の下取りでの傷について。。

車の下取りでの傷についてですが。。 傷や凹みなどは、勿論の事ですが、下取りのマイナスポイントになってしまいます。。。
まぁ、擦り傷などの傷の範囲、大きさ、場所にもよるのですが、次に下取りした車を購入する方が一般的にマイナスと思うような範囲のものは厳しいですね。。。
ですので、下取りにしても買取りにしてもある程度、自分で直せるという範囲の傷については直すというのもメリットがあるようです!
まぁ、大事に乗られていた車という印象もでますもんね。。
ただ、多額のお金をかけて修理するという事は、あまりメリットにならない場合もありますので、その辺りはキッチリと下取り査定士の方に相談する方が良いかもしれません〜

 

しかし、これも車の走行距離、他の内外装の状態にも関係してきます。  多くの車種の場合、下取りで価格的に査定される走行距離があるようです。
その距離は一般的に6万キロと言われています。。ですので、6万キロを超える車の場合は、あまり小さい傷は左右されない可能性もあるんです。
また、下取りの場合でも買取りの場合でも一概に言えないという部分もあります。。

 

それは車種によって、この辺りも少し違うという事です。
RV車や、荷物を多く積む目的の車の場合、どうしても傷がつきやすいという場所もあると思います。。  その場合の傷は、あまり気にしなくても良いという感じもします。  
ですので、車種によっても、走行距離によっても変わってきますので、下取りを本気でお考えの場合は、実際にディーラーに持ち込んで査定してもらうのがベストな方法だと思います。

 

また、下取りだけでなく、車を売ると考えた場合、必ず 車の買取相場をチェックしておく事をおススメします。。。
下取りよりも高値になる可能性も非常に高いですので、少しでもお得に車を売ると考えると、買取り業者を使うのがベストかもしれませんね。。。

 

 

>>下取りよりもおススメの買取り査定を確認<<