自動車の下取りはディーラーでも高値がつく

自動車の下取りはディーラーでも高値がつく

ここ数年、中古車の販売価格が高くなっています。
その背景には、リーマンショック以降、自動車を買い替える方が少なくなっていて、中古車そのものが少なくなっているようです。
販売価格が高いという事は、当然買取価格も高くなっています。 特に買取市場で人気が高いのが、ワンボックス系やRV系でしょうか。
又、最近ではスポーツ系の人気も高いようです。
新車に買い換える時には、多くの方が下取りに出されると思いますがいかに高く買取してもらえるか、私の体験を元にお伝えします。

 

今の世の中、ディーラーをはじめ、大手の買取店から個人オークションなど買取にだすルートは沢山あります。
私の場合はディーラーと大手の買取店で検討しました。

 

新車を購入するディーラーに下取り依頼をしましたが噂どおりというか、かなり低い査定でした。
これはネットや知人からの情報で予想範囲内です。 当然、最初は保留にしておき、2社の大手買取店に査定依頼しました。

 

1社目はディーラーとは比較にならない、高価買取金額の提示でした。
ここで気をつけたいのは、買取店は直ぐに契約してこようとします。
何でも、中古車は値段の株のように、変動が結構あるようで、1週間後とかでは、この査定金額は保証できないとの事でした。
しかし、この査定が適正なのか、知りたいので、何とかかわし、翌日に他の買取店へ査定依頼しました。
ここでの結果は1店舗目とそれ程相違なかったです。 ただ、私的には手続きとか面倒なので、どうせならディーラーで全て完結したい思いがありましたので、再度ディーラーでの交渉をはじめました。

 

当然、査定金額はあまり変わらなく、買取店の方が全然良かったです。 しかし、ここで驚いたのが、新車の見積もりは他店ディーラーでも依頼していたのですが、下取り金額が10万ほど違っていたのです。
この話を第一候補のディーラーに伝えると、買取店での査定の話をしただけでは、全然受け入れてくれる余地がなかったのですが他ディーラーでの話しは効果的面でした。同額の買取金額を提示してきました。

 

しかしそれではこちらとしては面白くないので更なる交渉をしたところ、下取り金額のUPは駄目でしたが、オプションの値引きを更に増加してくれました。
結果トータル金額では買取店での査定以上の成果を出す事ができました。
やはりディーラーとしては、新車をなんとしても売りたいのでこれだけの値引きをしてきたと思います。

 

単純に下取りを高額にしたという方には買取店がおススメですが、ディーラー派の方には、交渉次第では下取りの上積みが期待できるそんな体験でした。