たまに乗るレンタカーの話

たまに乗るレンタカーの話

マイカーをつまらない事故で失ってから、数年間マイカー無しで過ごしたときの話です。

 

もともと社員寮に住んでいたこともあり、クルマを通勤に使わなくて良い状況だったので、 慌てて次の車を探す必要もなく、友人にクルマを出してもらったり、こちらから出向かずに先方に来てもらったりして過ごしていました。 それでも、都合がつかなかったり相手が車を持っていなかったりすると、交通手段に困るときがあるので、そんな時は駅前まで出て レンタカーを借りていました。

 

運転に自信を無くしていたこともあり、最初は「小さくて運転のしやすい車を」とお願いしていたのですが 何度か利用しているうち、店に信用されたのか、発売されたばかりの新車が出てきたり、 上のクラスの(サイズの大きい)車を「こちらの都合で小さい車がないので、下のクラスの料金で結構です」と使わせてもらったりして 「たまにクルマのある生活」をしていました。 時々、大きな駐車場で「自分が乗ってきた車が分からなくなってあわてる」ヘマもありましたが(冷静に考えればカギにナンバーが書いてある) 派手な色の車だったり荷物が沢山のるバンだったり、あれこれ乗れるのは楽しかったです。 ・・・今は駅前に住んでいるので、マイカーもありますがほとんど電車と自転車で用が足りる生活ですが。