自動車 下取り 印鑑証明

自動車の下取りに必要な印鑑証明

軽自動車以外の車を下取りに出す場合には、印鑑証明が必要です。

 

まずは印鑑登録を役所で行いますが、本人確認のため、出向いたその場ですぐの登録はできません。後日、照会文書が本人宛に郵送されますので、必要事項を記入し、登録したい印鑑を押印し、それを改めて役所に持っていきます。その際は身分証明書が必要です。

 

印鑑登録が終わったら、印鑑登録証を提示して印鑑証明が発行されます。発効日から3ヶ月以内が有効期限ですので、この間に下取りの手続きを済ませましょう。なお発行手続きの申請は、本人以外の代理人でもすることができます。また、年度途中で車を下取りに出す時は、その年度の自動車税がどうなるのか確認をしておきましょう。業者がすぐに他の都道府県の人に売って名義変更をした場合は、その年度分の残りの自動車税は戻ってきます。同じ都道府県の人に売った場合や廃車になった場合、残りの自動車税がどうなるかは手続き完了前に明確にさせておくほうが、トラブル回避につながります。