車検 下取り

車検と下取りの関係

車検が近づいているというのは、車を買い換える動機の一つになりますね。
車検を通すために、ある程度の金額が必要になりますから、それならば、この際、車検にかかる費用も新車にかける資金の一部にしたいと考える人も多いと思います。しかし、車検までの残存期間が少ないと車があまり高く売れないのではないかと心配している人はいませんか。ここでは、車検と下取りの関係についてお知らせしましょう。

 

車検が2年残っている車と残存期間がほとんどない車を比べたら、確かに残存期間がほとんどない車の方が査定は安くなります。しかし、それは大した金額ではありません。査定額を上げるために10万円、15万円かけて車検を通しても、プラスになるのはほんのわずかな金額ですから、結局は車検を通しただけ損をすることになります。ということは、下取りするときは、車検をそこまで気にする必要はないということです。

 

買取業者や販売店では、一般の個人と比べ、車検を安く通すことができるので、私たちが考えるほど車検は気にしなくて良いのです。しかし、ほんの少しでも有利な状態で下取りしてほしいと考えるのは自然なことです。車検までの残存期間が1年を切ってくると、査定額にもわずかですが響いてきますので、車の下取りのベストなタイミングとしては、車検まで1年程度期間が残っているときだということができそうです。