自動車 下取り 自動車税

自動車を下取りに出す際に手続きを必要とする自動車税

自動車を所有して、公道を走行させている車両に関しては、自動車税というものを納付しています。

 

毎年支払うことが義務化されているもので、主に排気量によって支払額が異なることが特徴になります。
所有している自動車を下取りに出して、新しく自動車を購入するという場合では、新規に購入する車両が新車の場合では、月割りとして税金を納めることが行われています。

 

また、車検期間なども残っている車両で、手放してから1年未満の中古車を入手した場合では、前の持ち主が支払っている自動車税のまま使用できるケースも稀にあります。下取りに出す自動車の取り扱いに関しては、一般的には廃車手続きとしてナンバープレートの抹消を行うものなので、その際には合わせて自動車税の還付に関する手続きを行うことが一般的になります。

 

1年間が有効な税金となるために、残っている部分に関しては月割計算で返還されることになり、ディーラーなどに代行して手続きを行ってもらうことが恒常的に行われています。