ディーラー 下取り

ディーラーでの下取りとは?

ディーラーでの下取りとは、新車購入の際に現在乗っている車を売り、その売却金額を購入費用の足しにすることです。

 

車の購入と売却が一度で済むので、手間が省けるのが特徴です。しかし一般的に、ディーラーでの下取りは損をする可能性が高いです。なぜなら、中古車買取業者が買取ったほうが、車が高い金額で売れる傾向があるからです。

 

つまりディーラーでの下取りは面倒な手間がなくなる分、車の売値が低くなりやすいということです。そもそもディーラーは、自動車を販売することが第一です。下取りでも利益を得ることはしていますが、あくまでもオマケというスタンスもあります。

 

中古車買取業者のように専門で中古車を扱っているわけではないので、金額が低くなってしまうのも仕方のないことといえます。ディーラーでの下取りとは、新車を得るためのサービス事業と思っても良いでしょう。

 

ただし、最近では若者の車離れなどもあり、ディーラーは新車販売での利益を得づらくなっています。そのため、買取り業者に対抗するように下取り金額をアップさせようという動きもあるようで、今後は売却金額の状況が変わる可能性もあります。